北海道に移住して学んだことから、札幌観光と札幌生活に本当に役立つ情報へまとめあげたブログです。

【6月中旬】北海道20都市の気候案内(最高最低気温/雨量/日照率/風速)

6月中旬の北海道20都市の気候を、各都市の違いが分かるようデータ一覧と説明・解説をまとめてみました。

広い北海道の中の各都市によって、どれだけの気候の違いがあるのか?

北海道は、同じ時期でも年によって気候の差が大きく現れますが、平均的な年と異常気象となる年との差は一体どれくらいあるのか?

地域間格差と年によってどこまで異常になるか?も各項目ごとにデータ化しています。

●20地域とは、札幌・稚内・留萌・名寄・旭川・紋別・網走・北見・岩見沢・小樽・帯広・釧路・根室・倶知安・室蘭・苫小牧・浦河・江差・函館・千歳です。

●気温は、最高気温・最低気温それぞれの30年間平均と、最高気温で最も高かった年の気温・最低気温で最も低かった年の気温を、また、最高気温が30℃以上となる「真夏日」と最低気温が25℃以上となる「熱帯夜」の日数などまで揃えました。

●日照率は、30年間平均と1日のうち40%以上となった日が何日あるかも、またそれぞれが一番低かった年はどれくらいになるのか?も計算しています。

●風速は、30年間平均と、風速10メートル以上と強風となった日が何日あるかも揃えています。

●雨量は、単に降水量だけを北海道内各都市で比較してもあまり意味が無いので、北海道外の仙台・東京・大阪・福岡・那覇とも比較しており、また日照時間も対比できるよう併記しました。

※各気象データは、気象庁ホームページのデータ30年間分を参照し、独自に30年平均や最も高い・低い・多い・少ないなどを集計しております。
※30年間データとは、西暦1989年~2018年(平成1年~30年)のデータです。
※データ表の中で「×」の欄(名寄・北見・千歳の日照率)は、気象庁にデータが無い項目となります。
※千歳の気温・風速は2003年以降、降雪・積雪は2006年以降のデータとなります。

気温

日の最高気温・最低気温の30年平均

日の最高気温と日の最低気温のそれぞれ30年間平均と、日の最高気温の旬(10日間)平均が最も高った年の気温、また日の最低気温の旬(10日間)平均が最も低かった年の気温です。

例えば「札幌」では、最高気温が30年平均では21.4℃ですが、25.5℃平均という暑い年もあるということです。また、最低気温は30年平均で13.4℃で、低い年でも10.8℃平均までしか下がらないことが分かります。

最高気温(℃)旬平均最低気温(℃)旬平均
30年平均高い年30年平均低い年
札幌21.425.513.410.8
稚内15.920.410.36.4
留萌19.021.612.39.3
名寄22.027.510.04.5
旭川22.726.712.08.1
紋別16.421.39.86.0
網走17.522.510.26.1
北見20.826.910.66.2
岩見沢21.525.712.19.1
小樽20.123.312.510.0
帯広21.027.010.97.7
釧路15.718.69.56.0
根室14.719.38.05.2
倶知安20.724.911.47.2
室蘭17.722.511.99.6
苫小牧17.120.711.58.8
浦河16.719.810.78.5
江差19.623.113.511.0
函館20.224.712.69.5
千歳19.223.211.49.2

1日の寒暖差が大きい時季ですが、北海道20地域の中で大きい地域と小さい地域では気温差が2倍も違います。

大きい方から❶名寄11.9℃差 ❷旭川℃差 ❸北見10.2℃差 ❹帯広10.1℃差 ❺岩見沢9.4℃差

小さい方から①苫小牧5.6℃差 ②稚内5.6℃差 ③室蘭5.9℃差 ④浦河6.0℃差 ⑤江差6.2℃差

この傾向は、7月8月と気温が上がっていく中で、最高気温よりも最低気温の方が上昇度が高いため、少なくなっていきます(その分、寝苦しい夜の日が発生するようになる訳ですが)

最高気温・最高気温が30℃以上の日数

各年の6月中旬(10日間)の中で、日の最高気温が最も高かった年の最高気温と最も低かった年の最高気温、また、その最高気温が30℃以上の「真夏日」と呼ばれる日が、10日間の中で何日あったか、またその日数が一番多かった(暑い日が多かった)年の真夏日の日数となります。

例えば「札幌」では、30.6℃まで上がった年もあれば21.0℃までしか上がらなかった年もあるということです。また、30℃以上の真夏日は、30年平均では0.0日ですが、過去には1日という年もあったということが分かります。

最高気温(℃)30℃以上日数
最高の年最低の年30年平均多い年
札幌30.621.00.01
稚内24.017.70.00
留萌28.418.60.00
名寄32.722.60.23
旭川31.324.60.01
紋別31.518.30.01
網走31.918.80.01
北見32.521.60.43
岩見沢30.222.10.01
小樽29.721.20.00
帯広33.019.30.32
釧路28.315.90.00
根室28.613.50.00
倶知安30.221.40.01
室蘭26.116.80.00
苫小牧26.616.40.00
浦河23.616.70.00
江差28.821.20.00
函館27.620.80.00
千歳25.620.10.00

4月~6月にかけての北海道は、日により年により最高気温が大きく異なる不安定な時季です。その気温差は地域によっても大きく異なります。

旬10日間の中での最高気温が最も高った年と最も低かった年の差を出すと20地域平均では9.6℃差ですが、上位5地域・下位5地域も並べてみました。

❶根室15.1℃差 ❷帯広13.7℃差 ❸紋別13.2℃差 ❹網走13.1℃差 ❺釧路12.4℃差

①千歳5.5℃差 ②稚内6.3℃差 ③旭川6.7℃差 ④函館6.8℃差 ⑤浦河6.9℃差

気温差が激しい地域は、北海道の東側に位置する地域に多いことが分かります。

最低気温・最低気温が25℃以上の日数

各年の6月中旬(10日間)の中で、日の最低気温が最も高かった年の最低気温と最も低かった年の最低気温、また、その最低気温が25℃以上の「熱帯夜」と呼ばれる日が、10日間の中で何日あったか、またその日数が一番多かった年の熱帯夜の日数となります。

例えば「札幌」では、14.1℃までしか下がらなかった年もあれば、6.2℃まで下がった年もあるということです。また、熱帯夜については、過去30年間で1回もなかったことが分かります。

最低気温(℃)25℃以上日数
最高の年最低の年30年平均多い年
札幌14.16.200
稚内11.84.800
留萌13.84.100
名寄10.1-0.500
旭川13.42.000
紋別9.71.400
網走11.01.000
北見10.7-0.900
岩見沢13.05.500
小樽13.15.900
帯広12.12.100
釧路10.80.400
根室8.93.000
倶知安12.40.700
室蘭12.57.000
苫小牧12.43.800
浦河11.45.700
江差14.46.400
函館13.25.100
千歳12.33.800

降水量&日照時間

降水量と日照時間のそれぞれ6月中旬(10日間)合計数値の30年間平均と、降水量は最も多かった年の量、日照時間は最も多かった年の時間です。

例えば「札幌」の降水量は30年平均では24mmですが、多い年には3.4倍の81mmも降ったことがあり、日照時間の30年平均は57時間ですが、少ない年には9時間しかなかった年もあったということが分かります。

また、こちらの降水量&日照時間と、次の日照率のデータについては、本州以南との比較もできるよう、仙台・東京・大阪・福岡・那覇のデータも併記するようにしました。

降水量(mm)日照時間(時間)
30年平均多い年30年平均少ない年
札幌2481579
稚内22141505
留萌20595412
名寄23634817
旭川24615613
紋別2797508
網走26725613
北見2668488
岩見沢26124559
小樽1956536
帯広31118443
釧路47216398
根室441544010
倶知安21715515
室蘭441545015
苫小牧45184377
浦河32191459
江差3088519
函館331055312
千歳45128××
仙台501464312
東京65118385
大阪671935112
福岡83278538
那覇1357124712

明らかに、梅雨入りしている年が多い本州以南の方が、北海道の各地域よりも降水量が多いことが分かります。

北海道内の20地域における地域差を見ると、苫小牧・室蘭・釧路・根室など太平洋側の地域で降水量が多めで、特に多い年の降水量では顕著に太平洋側が多くなることが分かります。

日照率

日照率とは、日の出から日の入りまでの時間に対する日照時間の割合のことです。北海道の夏は、日の出が早く日の入が遅いため、日中だけの晴天性を本州以南と比較する上では正確性に書くため、日照率も用いています。

例えば「札幌」では、日照率の30年平均が38%ですが、日照の少ない年は6%しかありません。また、1日に40%以上の日照率がある日は、30年間平均では10日のうち4.6日ですが、少ない年は1日も無いない年があるということが分かります。

また、降水量&日照時間と同様に、本州以南との比較もできるよう、仙台・東京・大阪・福岡・那覇のデータも併記するようにしました。

日照率(%)40%以上日数
30年平均低い年30年平均少ない年
札幌3864.60
稚内3233.50
留萌3584.00
名寄××××
旭川3794.50
紋別3253.80
網走3794.30
北見××××
岩見沢3664.40
小樽3544.20
帯広2923.80
釧路2653.10
根室2663.00
倶知安36104.51
室蘭33103.91
苫小牧2543.00
浦河3063.40
江差3463.90
函館3584.41
千歳××××
仙台2983.61
東京2633.10
大阪3684.40
福岡3754.60
那覇3494.40

降水量ほどの差はありませんが、太平洋側を除く北海道の各地域では、東京や仙台よりは日照率が高いくなりますが、大阪・福岡・沖縄とは、ほとんど差がありません。

風速

平均風速(m/s)10m/s以上日数
30年平均高い年30年平均多い年
札幌3.45.70.95
稚内4.15.81.74
留萌3.54.80.63
名寄2.02.60.00
旭川2.43.80.22
紋別2.43.40.11
網走2.53.90.11
北見2.03.90.12
岩見沢3.24.00.32
小樽2.02.50.01
帯広1.72.60.01
釧路3.75.61.14
根室4.36.11.74
倶知安3.24.40.94
室蘭3.74.60.63
苫小牧2.73.80.32
浦河3.25.21.15
江差2.53.30.53
函館3.25.00.53
千歳4.75.61.14

沿岸部で風が強い傾向が多少はありますが、北海道内の各地域で、ほとんど差はありません(冬に比べ、差が小さい)。

湿度

相対湿度(%) 
30年平均高い年低い年
札幌748561
稚内869277
留萌839072
名寄×××
旭川738263
紋別849268
網走818869
北見×××
岩見沢799067
小樽798965
帯広808966
釧路879578
根室909881
倶知安808966
室蘭889773
苫小牧889578
浦河909682
江差808869
函館808969
千歳×××

太平洋側の沿岸部で、湿度が高い傾向にあります。

まとめ

6月中旬の北海道は、本州が梅雨の時期に入りジメジメ高温の不快なシーズンに入るのに対し、梅雨が無いのはもちろんのこと、最高気温が20℃前後で過ごしやすいシーズンとなります。

札幌の最高気温は、4月上旬9.2℃⇒4月中旬11.6℃⇒4月下旬14.4℃⇒5月上旬15.9℃⇒5月中旬17.7℃⇒5月下旬19.9℃⇒6月上旬20.5℃⇒6月中旬21.4と、本州の感覚では真冬並みの寒さである4月上旬の10℃未満から、順調に20℃を超える時季となりましたが、4月~5月が旬ごとに2℃くらいずつ上昇しているのに比べ、6月の旬ごとは1℃くらいと、少し気温上昇が抑えられてくる時季です。

同時季の本州以南の平均最高気温は、仙台22.8℃・東京25.8℃・大阪27.9℃・福岡27.2℃・那覇29.6℃です。

札幌と本州以南は、12月~2月には10℃もの差があったのですが、仙台とは1.4℃、東京とは4.4℃とかなり気温が接近してきています。

ちなみに東京の最高気温に最も接近するのが6月下旬で3.7℃差です。

6月中旬の北海道は、梅雨入りする本州以南をよそ眼に、また最高気温が30℃以上となることもほぼ無く、日本全国で一番過ごしやすい地域となります。

7月に入ると、北海道でも30℃以上の日が続くことが珍しくありませんので、やはり、6月中下旬が、北海道のベストシーズンかもしれません。

但し、北海道らしいイベントである大通公園でのイベントや、夏の風物詩である花火大会なども始まっていないシーズンなので、観光目的の方は、札幌以外のエリアを目的地にされることをおすすめします。

error: Content is protected !!