北海道に移住して学んだことから、札幌観光と札幌生活に本当に役立つ情報へまとめあげたブログです。

【7月中旬】北海道20都市の気候案内(最高最低気温/雨量/日照率/風速)

7月中旬の北海道20都市の気候を、各都市の違いが分かるようデータ一覧と説明・解説をまとめてみました。

広い北海道の中の各都市によって、どれだけの気候の違いがあるのか?

北海道は、同じ時期でも年によって気候の差が大きく現れますが、平均的な年と異常気象となる年との差は一体どれくらいあるのか?

地域間格差と年によってどこまで異常になるか?も各項目ごとにデータ化しています。

●20地域とは、札幌・稚内・留萌・名寄・旭川・紋別・網走・北見・岩見沢・小樽・帯広・釧路・根室・倶知安・室蘭・苫小牧・浦河・江差・函館・千歳です。

●気温は、最高気温・最低気温それぞれの30年間平均と、最高気温で最も高かった年の気温・最低気温で最も低かった年の気温を、また、最高気温が30℃以上となる「真夏日」と最低気温が25℃以上となる「熱帯夜」の日数などまで揃えました。

●日照率は、30年間平均と1日のうち40%以上となった日が何日あるかも、またそれぞれが一番低かった年はどれくらいになるのか?も計算しています。

●風速は、30年間平均と、風速10メートル以上と強風となった日が何日あるかも揃えています。

●雨量は、単に降水量だけを北海道内各都市で比較してもあまり意味が無いので、北海道外の仙台・東京・大阪・福岡・那覇とも比較しており、また日照時間も対比できるよう併記しました。

※各気象データは、気象庁ホームページのデータ30年間分を参照し、独自に30年平均や最も高い・低い・多い・少ないなどを集計しております。
※30年間データとは、西暦1989年~2018年(平成1年~30年)のデータです。
※データ表の中で「×」の欄(名寄・北見・千歳の日照率)は、気象庁にデータが無い項目となります。
※千歳の気温・風速は2003年以降、降雪・積雪は2006年以降のデータとなります。

気温

日の最高気温・最低気温の30年平均

日の最高気温と日の最低気温のそれぞれ30年間平均と、日の最高気温の旬(10日間)平均が最も高った年の気温、また日の最低気温の旬(10日間)平均が最も低かった年の気温です。

例えば「札幌」では、最高気温が30年平均では25.1℃ですが、28.4℃平均という暑い年もあるということです。また、最低気温は30年平均で17.6℃で、低い年でも14.6℃平均までしか下がらないことが分かります。

最高気温(℃)旬平均最低気温(℃)旬平均
30年平均高い年30年平均低い年
札幌25.128.417.614.6
稚内19.822.614.611.4
留萌22.825.916.313.6
名寄25.027.814.29.5
旭川25.928.716.013.1
紋別20.025.713.910.6
網走20.626.314.211.3
北見23.629.114.511.1
岩見沢24.827.816.413.4
小樽23.627.016.814.7
帯広24.230.014.910.6
釧路19.623.613.49.9
根室18.324.411.78.8
倶知安24.226.515.912.9
室蘭21.725.316.213.4
苫小牧20.923.416.013.4
浦河20.423.115.112.5
江差23.526.317.815.1
函館23.827.617.114.1
千歳22.725.915.713.0

最高気温は、25℃を超える旭川25.9℃・札幌25.1℃・名寄25.0℃から、20℃未満の稚内19.8℃・釧路19.6℃・根室18.3℃と、地域によって快適度合いが異なります。

最低気温では、低い年には平均10℃を下回った地域が3つもあり、名寄・釧路・根室です。

名寄は、最高気温も高い方でありながら、最低気温は低い方なので、1日の気温差が大きい注意するべき地域と言えます。

1日の気温差(最高気温-最低気温)を出してみると、大きい地域は名寄10.8℃差・旭川9.9差・帯広9.3差など内陸部です。

逆に小さい地域は、浦河5.3差・稚内5.2差・苫小牧5.0差などの沿岸部となります。

最高気温・最高気温が30℃以上の日数

各年の7月中旬(10日間)の中で、日の最高気温が最も高かった年の最高気温と最も低かった年の最高気温、また、その最高気温が30℃以上の「真夏日」と呼ばれる日が、10日間の中で何日あったか、またその日数が一番多かった(暑い日が多かった)年の真夏日の日数となります。

例えば「札幌」では、34.9℃まで上がった年もあれば24.3℃までしか上がらなかった年もあるということです。また、30℃以上の真夏日は、30年平均では0.6日ですが、多い年では4日という年もあったということが分かります。

最高気温(℃)30℃以上日数
最高の年最低の年30年平均多い年
札幌34.924.30.64
稚内27.219.20.00
留萌30.723.00.11
名寄32.125.90.74
旭川33.625.90.84
紋別34.319.70.34
網走35.120.20.24
北見36.923.10.94
岩見沢32.423.40.53
小樽32.523.10.33
帯広37.122.81.36
釧路30.118.30.01
根室32.416.00.12
倶知安31.424.40.11
室蘭30.018.80.01
苫小牧29.519.80.00
浦河28.120.10.00
江差30.523.00.11
函館30.623.30.12
千歳31.621.10.11

札幌では、旬の最高気温が最も高かった年で34.9℃、低かった年で24.3℃ですから、年によって10.6℃も差があるということになります。

しかし、他の地域ではもっと差のある、高気温に関する不安定な地域があります。

根室では16.4℃差、網走14.9℃差、紋別14.6℃差、帯広14.3℃差、北見13.8℃差、釧路11.8℃差、室蘭11.2℃差で、これらの地域は札幌より気温に対する注意が必要です。

最低気温・最低気温が25℃以上の日数

各年の7月中旬(10日間)の中で、日の最低気温が最も高かった年の最低気温と最も低かった年の最低気温、また、その最低気温が25℃以上の「熱帯夜」と呼ばれる日が、10日間の中で何日あったか、またその日数が一番多かった年の熱帯夜の日数となります。

例えば「札幌」では、17.8℃までしか下がらなかった年もあれば、12.1℃まで下がった年もあるということです。また、熱帯夜については、過去30年間で1回もなかったことが分かります。

最低気温(℃)25℃以上日数
最高の年最低の年30年平均多い年
札幌17.812.100
稚内14.29.300
留萌17.39.300
名寄14.45.500
旭川17.08.700
紋別13.79.100
網走14.19.100
北見14.68.800
岩見沢16.910.400
小樽17.111.100
帯広15.69.400
釧路14.46.700
根室12.06.600
倶知安16.78.400
室蘭17.412.400
苫小牧16.912.000
浦河15.710.100
江差18.313.500
函館18.112.200
千歳16.210.900

7月の中旬と言えば、本州九州ではクーラー無しでは寝苦しい夜が多くなる時期ですが、北海道では、逆に寝冷えに注意しなければならない地域も多くあります。

特に、気温が低い年には明け方に10℃未満まで落ち込んだこともある稚内・留萌・名寄・旭川・紋別・網走・北見・帯広・釧路・根室・倶知安などは注意が必要です。

降水量&日照時間

降水量と日照時間のそれぞれ7月中旬(10日間)合計数値の30年間平均と、降水量は最も多かった年の量、日照時間は最も多かった年の時間です。

例えば「札幌」の降水量は30年平均では35mmですが、多い年には3.3倍の117mmも降ったことがあり、日照時間の30年平均は53時間ですが、少ない年には半分以下の22時間しかなかった年もあったということが分かります。

また、こちらの降水量&日照時間と、次の日照率のデータについては、本州以南との比較もできるよう、仙台・東京・大阪・福岡・那覇のデータも併記するようにしました。

降水量(mm)日照時間(時間)
30年平均多い年30年平均少ない年
札幌351175322
稚内28121479
留萌321085621
名寄391304717
旭川431485416
紋別40119461
網走3196495
北見3589436
岩見沢35915116
小樽33915120
帯広411224012
釧路43122387
根室42131387
倶知安35874616
室蘭441554413
苫小牧502023610
浦河50237356
江差39180435
函館391554413
千歳36136××
仙台65210393
東京442445110
大阪592245922
福岡833495721
那覇472907741

降水量については、本州九州よりも北海道各地の方が少ないことがパっと見でも分かりますが、北海道の中でも本州に近い太平洋側の室蘭・苫小牧・浦河では、東京並み以上の降水量となっています。

日照時間に関しては、雨の量が少ない北海道の方が、日の出~日の入り時間が長いにも関わらず少なくなっています。それだけ、曇りの時間帯が多いということになります。

日照率

日照率とは、日の出から日の入りまでの時間に対する日照時間の割合のことです。北海道の夏は、日の出が早く日の入が遅いため、日中だけの晴天性を本州以南と比較する上では正確性に書くため、日照率も用いています。

例えば「札幌」では、日照率の30年平均が35%ですが、日照の少ない年は15%しかありません。また、1日に40%以上の日照率がある日は、30年間平均では10日のうち4.2日ですが、少ない年は1日しかない年もあるということが分かります。

また、降水量&日照時間と同様に、本州以南との比較もできるよう、仙台・東京・大阪・福岡・那覇のデータも併記するようにしました。

日照率(%)40%以上日数
30年平均低い年30年平均少ない年
札幌35154.21
稚内3163.71.0
留萌37144.71.0
名寄××××
旭川36104.51.0
紋別3013.50.0
網走3333.70.0
北見××××
岩見沢34114.11.0
小樽34134.01.0
帯広2683.30.0
釧路2552.90.0
根室2553.00.0
倶知安31113.51.0
室蘭3093.50.0
苫小牧2462.70.0
浦河2342.40.0
江差2943.20.0
函館3093.30.0
千歳××××
仙台2723.10
東京3674.10
大阪41165.11
福岡40155.02
那覇56307.94

完全に、本州九州よりも北海道の方が、日照率が悪くなっています。

特に、北海道の中でも南側(東北より)の室蘭・函館・江差・帯広・根室・釧路・苫小牧・浦河の日照率が特に低いです。

風速

平均風速(m/s)10m/s以上日数
30年平均高い年30年平均多い年
札幌3.05.50.66
稚内3.96.01.23
留萌3.45.00.53
名寄1.82.40.00
旭川2.33.20.22
紋別2.33.40.11
網走2.43.50.11
北見1.82.80.01
岩見沢3.24.20.11
小樽1.82.30.12
帯広1.62.10.01
釧路3.34.30.74
根室3.95.20.94
倶知安2.95.20.32
室蘭3.54.90.54
苫小牧2.74.80.12
浦河2.84.40.63
江差2.54.20.66
函館2.96.30.44
千歳4.45.91.34

沿岸部の方が風が強い傾向にはありますが、それほど大きな差はありません。

帯広・北見・名寄などの内陸部で異常的高気温が出やすい地域は、風速が低い傾向にあります。

湿度

相対湿度(%)
30年平均高い年低い年
札幌768467
稚内879378
留萌859175
名寄×××
旭川778769
紋別859673
網走849171
北見×××
岩見沢818974
小樽819070
帯広828866
釧路879380
根室919582
倶知安849078
室蘭909775
苫小牧889381
浦河929887
江差839371
函館829074
千歳×××

沿岸部の湿度が高い傾向にありますが、特には太平洋側の方が高い傾向にあります。

まとめ

7月中旬の北海道は、最高気温が20~25℃平均である地域が多く、とても過ごしやすい時季です。

札幌の最高気温(30年平均)は25.1℃・最低気温は17.6℃と、日中は半袖が心地よく、朝晩の通勤時間にジャケットを着ても暑苦しくなく、夜は寝苦しいこともない、非常に気持ちの良いシーズンです。

同時季の本州以南(30年平均)は、

仙台の最高26.4℃・最低20.0℃
東京の最高30.3℃・最低23.6℃
大阪の最高31.9℃・最低24.8℃
福岡の最高31.6℃・最低24.7℃
那覇の最高32.0℃・最低27.0℃

と、仙台以外ではもう既に夏の暑さ全開で、これから2か月くらい続く暑い日々、もっと暑くなる猛暑日と、どこか避暑地で仕事がしたいな~と感じてしまう頃ですね。

本州では梅雨がまだ明けていない年も多いため、北海道は、特に本州に比べると最高に快適なシーズンと言えます。

しかし、北海道の快適性は一括りにはできず、異常な暑さが発生してしまう地域や、昼でも半袖になれない日がある地域などもあって様々です。

そんな北海道の気候について、20地域の気温や日照時間・降水量・風速・湿度などのデータを30年間分集め、平均と偏った年の状況についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

7月中旬の北海道は、本州から見れば、毎日を北海道で暮らせたら!と思う方も多い良いシーズンです。

しかし、気温は25℃くらいと日中は半袖で気持ちが良い頃合いですが、朝晩は冷え込む1日の気温差が大きい地域もあります。

また、釧路や根室など日中でも半袖になるには肌寒さを感じる日が多い地域もあります。

そして、年によっては最高気温が10~15℃も違う地域もあります。

北海道旅行に来られる方は、全国放送のテレビニュースで天気予報をチェックしていると、「札幌の最高気温は25℃か~32℃の東京より涼しくて良いな~」と、上着を用意せずに出かけてしまう方もいらっしゃいます。

東京で暮らし、7月中旬ともなれば当然にそういう発想になってしまいますが、札幌以外の道内周遊観光をされる方は特に要注意です。

山間部でなくても、地域によっては、日によってはカーディガン程度では対応できない寒い時間帯があります。

逆にせっかく北海道に来たのに、毎日30℃超えでがっかりした!という可能性も、7月中旬にもなると出てきます。

天気予報は小まめにチェックしましょう!

以上『7月中旬の北海道20地域を気温・雨量・日照・風・湿度などで完全比較!』でした。

error: Content is protected !!