北海道に移住して学んだことから、札幌観光と札幌生活に本当に役立つ情報へまとめあげたブログです。

【7月上旬】北海道20都市の気候案内(最高最低気温/雨量/日照率/風速)

7月上旬の北海道20都市の気候を、各都市の違いが分かるようデータ一覧と説明・解説をまとめてみました。

広い北海道の中の各都市によって、どれだけの気候の違いがあるのか?

北海道は、同じ時期でも年によって気候の差が大きく現れますが、平均的な年と異常気象となる年との差は一体どれくらいあるのか?

地域間格差と年によってどこまで異常になるか?も各項目ごとにデータ化しています。

●20地域とは、札幌・稚内・留萌・名寄・旭川・紋別・網走・北見・岩見沢・小樽・帯広・釧路・根室・倶知安・室蘭・苫小牧・浦河・江差・函館・千歳です。

●気温は、最高気温・最低気温それぞれの30年間平均と、最高気温で最も高かった年の気温・最低気温で最も低かった年の気温を、また、最高気温が30℃以上となる「真夏日」と最低気温が25℃以上となる「熱帯夜」の日数などまで揃えました。

●日照率は、30年間平均と1日のうち40%以上となった日が何日あるかも、またそれぞれが一番低かった年はどれくらいになるのか?も計算しています。

●風速は、30年間平均と、風速10メートル以上と強風となった日が何日あるかも揃えています。

●雨量は、単に降水量だけを北海道内各都市で比較してもあまり意味が無いので、北海道外の仙台・東京・大阪・福岡・那覇とも比較しており、また日照時間も対比できるよう併記しました。

※各気象データは、気象庁ホームページのデータ30年間分を参照し、独自に30年平均や最も高い・低い・多い・少ないなどを集計しております。
※30年間データとは、西暦1989年~2018年(平成1年~30年)のデータです。
※データ表の中で「×」の欄(名寄・北見・千歳の日照率)は、気象庁にデータが無い項目となります。
※千歳の気温・風速は2003年以降、降雪・積雪は2006年以降のデータとなります。

気温

日の最高気温・最低気温の30年平均

日の最高気温と日の最低気温のそれぞれ30年間平均と、日の最高気温の旬(10日間)平均が最も高った年の気温、また日の最低気温の旬(10日間)平均が最も低かった年の気温です。

例えば「札幌」では、最高気温が30年平均では24.1℃ですが、28.0℃平均という暑い年もあるということです。また、最低気温は30年平均で16.4℃で、低い年は3.8℃平均まで下がることが分かります。

最高気温(℃)旬平均最低気温(℃)旬平均
30年平均高い年30年平均低い年
札幌24.128.016.413.8
稚内19.123.013.510.6
留萌21.825.915.412.3
名寄24.628.613.29.7
旭川25.328.915.111.7
紋別19.226.013.010.0
網走20.126.313.210.4
北見23.528.113.510.4
岩見沢24.128.515.111.2
小樽22.926.215.712.6
帯広23.229.913.510.0
釧路18.121.712.19.6
根室17.422.410.67.1
倶知安23.426.614.59.7
室蘭20.225.214.811.9
苫小牧19.825.014.611.9
浦河19.222.213.510.6
江差22.424.916.513.5
函館22.725.815.611.5
千歳22.227.114.511.1

太平洋側を中心に、平均最高気温が20℃に達しない地域もあります。

特に、釧路では最高18.1℃~最低12.1℃、根室ででは最高17.4℃~10.6℃ですから、7月に入っても、半袖になれる日は極限られています。

最高気温・最高気温が30℃以上の日数

各年の7月上旬(10日間)の中で、日の最高気温が最も高かった年の最高気温と最も低かった年の最高気温、また、その最高気温が30℃以上の「真夏日」と呼ばれる日が、10日間の中で何日あったか、またその日数が一番多かった(暑い日が多かった)年の真夏日の日数となります。

例えば「札幌」では、33.2℃まで上がった年もあれば24.8℃までしか上がらなかった年もあるということです。また、30℃以上の真夏日は、30年平均では0.3日ですが、多い年では4日という年もあったということが分かります。

最高気温(℃)30℃以上日数
最高の年最低の年30年平均多い年
札幌33.224.80.34
稚内28.119.00.00
留萌31.821.20.11
名寄33.424.80.84
旭川33.026.20.65
紋別33.117.30.22
網走31.019.00.11
北見34.724.40.75
岩見沢33.024.60.34
小樽31.323.00.12
帯広35.522.80.87
釧路27.216.90.00
根室28.816.30.00
倶知安31.723.70.12
室蘭29.018.20.00
苫小牧29.916.80.00
浦河25.517.50.00
江差30.021.90.01
函館31.421.90.01
千歳31.321.40.23

毎年、何かしらの異常気象と言われる事象が起きていますが、特に暑い方への事象としては、北見や帯広周辺の内陸部で起きることが多いです。

最低気温・最低気温が25℃以上の日数

各年の7月上旬(10日間)の中で、日の最低気温が最も高かった年の最低気温と最も低かった年の最低気温、また、その最低気温が25℃以上の「熱帯夜」と呼ばれる日が、10日間の中で何日あったか、またその日数が一番多かった年の熱帯夜の日数となります。

例えば「札幌」では、18.6℃までしか下がらなかった年もあれば、10.3℃まで下がった年もあるということです。また、熱帯夜については、過去30年間で1回もなかったことが分かります。

最低気温(℃)25℃以上日数
最高の年最低の年30年平均多い年
札幌18.610.300
稚内15.17.300
留萌18.47.100
名寄14.43.700
旭川17.67.600
紋別13.96.600
網走13.96.000
北見14.84.700
岩見沢18.18.200
小樽17.69.900
帯広16.57.400
釧路13.56.200
根室12.14.700
倶知安17.47.000
室蘭16.88.500
苫小牧17.08.700
浦河15.16.900
江差18.69.800
函館17.88.300
千歳16.78.000

7月上旬になってもまだ、札幌以外では10℃未満にまで気温が下がる可能性が十分にあります。

たいていは15℃~20℃程度の日が多いので、寝苦しさを感じずに済む北海道ですが、日によっては、逆に寝冷えに注意しなければならないことがあります。

降水量&日照時間

降水量と日照時間のそれぞれ7月上旬(10日間)合計数値の30年間平均と、降水量は最も多かった年の量、日照時間は最も多かった年の時間です。

例えば「札幌」の降水量は30年平均では27mmですが、多い年には5倍の138mmも降ったことがあり、日照時間の30年平均は55時間ですが、少ない年には15時間しかなかった年もあったということが分かります。

また、こちらの降水量&日照時間と、次の日照率のデータについては、本州以南との比較もできるよう、仙台・東京・大阪・福岡・那覇のデータも併記するようにしました。

降水量(mm)日照時間(時間)
30年平均多い年30年平均少ない年
札幌271385515
稚内26915111
留萌302345623
名寄351364716
旭川342515417
紋別2496511
網走23985915
北見291394810
岩見沢361345416
小樽281725510
帯広32156424
釧路42165403
根室38165436
倶知安31175498
室蘭55193443
苫小牧55197378
浦河47148407
江差42179447
函館40144454
千歳42138××
仙台60148383
東京613394310
大阪803235110
高知1265814512
那覇664117435

降水量は、本州以南に比べ明らかに少ないことが分かりますが、北海道の中で比較してみれば、太平洋側の降水量は少し多めとなります。

日照時間については、梅雨のない北海道も、梅雨の本州もそれほど違いが無いことが分かります。北海道にも蝦夷梅雨と呼ばれる気候があり、降る雨の量は多くなくても、曇りと雨を繰り返す日が1週間くらい続くことがあるためです。

日照率

日照率とは、日の出から日の入りまでの時間に対する日照時間の割合のことです。北海道の夏は、日の出が早く日の入が遅いため、日中だけの晴天性を本州以南と比較する上では正確性に書くため、日照率も用いています。

例えば「札幌」では、日照率の30年平均が36%ですが、日照の少ない年は10%しかありません。また、1日に40%以上の日照率がある日は、30年間平均では10日のうち4.3日ですが、少ない年は1日も無い年があるということが分かります。

また、降水量&日照時間と同様に、本州以南との比較もできるよう、仙台・東京・大阪・福岡・那覇のデータも併記するようにしました。

日照率(%)40%以上日数
30年平均低い年30年平均少ない年
札幌36104.30
稚内3373.90.0
留萌37154.11.0
名寄××××
旭川36114.00.0
紋別3313.90.0
網走3994.81.0
北見××××
岩見沢35114.00.0
小樽3664.40.0
帯広2823.40.0
釧路2623.00.0
根室2843.30.0
倶知安3253.91.0
室蘭2923.70.0
苫小牧2452.91.0
浦河2753.10.0
江差2943.60.0
函館3023.30.0
千歳××××
仙台2622.90
東京3073.50
大阪3574.40
高知3283.70
那覇54257.32

札幌と東京を比べれば、札幌の方が良いように感じます。

しかし、沖縄の那覇を除けば、北海道も本州九州も、それほどの違いがありません。

それどころか、北海道の下側の各地域では、東北・仙台と同じくらいで、東京や大阪よりも低いことが分かります。

風速

平均風速(m/s)10m/s以上日数
30年平均高い年30年平均多い年
札幌3.14.60.83
稚内3.75.51.16
留萌3.54.70.75
名寄1.72.20.00
旭川2.23.10.31
紋別2.22.80.12
網走2.43.00.11
北見1.82.80.00
岩見沢3.23.90.42
小樽1.92.40.11
帯広1.62.00.11
釧路3.44.30.93
根室4.05.11.34
倶知安3.03.90.53
室蘭3.74.90.53
苫小牧2.73.40.23
浦河3.04.10.93
江差2.43.70.53
函館2.94.30.53
千歳4.35.71.33

海に近い地域の方に風が強めの傾向がありますが、それほどの差はないようです(冬は、沿岸部の風が強いのが明確ですが)。

湿度

相対湿度(%)
30年平均高い年低い年
札幌758460
稚内869371
留萌849371
名寄×××
旭川758763
紋別859375
網走829262
北見×××
岩見沢809166
小樽809267
帯広829271
釧路889481
根室909777
倶知安829168
室蘭909783
苫小牧889480
浦河929882
江差829270
函館829167
千歳×××

太平洋側とオホーツク海側の地域が、内陸部に比べ湿度が高めになっています。

まとめ

7月上旬の北海道は、本州が梅雨の真っただ中であるのに対し、梅雨もなく、気温も20~25℃程度の時間帯が多く、本州九州と比べとても快適なシーズンであると言えそうです。

札幌の最高気温(30年平均)は、最高24.1℃~最低16.4℃です。

対する仙台を除く本州以南は、蒸し暑い日中と寝苦しい夜の始まりの時季となります。
仙台 最高25.2 最低19.0℃
東京 最高28.6 最低22.1℃
大阪 最高30.3 最低23.3℃
福岡 最高29.6 最低23.4℃
那覇 最高31.7 最低26.9℃

しかし、北海道の札幌とは言え、8月上旬に向け気温は上昇していき、7月8月には30℃を超える日も数日は必ずあります。

6月上旬 20.5℃
6月中旬 21.4℃
6月下旬 23.1℃
7月上旬 24.1℃
7月中旬 25.1℃
7月下旬 26.8℃
8月上旬 27.2℃
8月中旬 26.3℃
8月下旬 25.9℃
9月上旬 24.8℃
9月中旬 22.9℃
9月下旬 20.6℃

よって、札幌の気温としても、6月下旬・7月上旬と9月上旬中旬あたりが、一番快適なシーズンになります。

しかし、広大な北海道では、暑くないのは良いけれど涼し過ぎる!といった様々な気候があります。

そんな7月上旬の北海道20の地域の気温や降水量・日照時間・風速・湿度などを集めまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

データを見てみると、梅雨がないことと涼しめであることが、7月上旬の北海道のメリットであるように認識されていますが、意外にも、晴天確率(日照率)はそれほど高くないことが分かりました。

雨量は少ないものの、曇りや小雨の時間もあって、意外にスカッと快適な夏と言うわけにもいかないようです。

但し、気温だけは明確に本州九州よりも涼しめであることが分かりました。

ただ、太平洋側を中心に涼しすぎる地域があることも分かりました。

暑い本州を脱して涼しい北海道へ旅行に行こう!という気分は、この時季では少し早いかもしれません。

暑い本州と涼しい北海道の差を感じたい方は、7月下旬以降の旅行がおすすめですが、北海道でも30℃超えの日は年に10日くらいはあり、最近では7月中下旬に多く発生しています。

北海道に来たのに暑いのはどうなの?と思われる方は、確率的には、7月上旬までか9月をおすすめしますが、北海道で30℃を超える日は、本州では35℃を超えていることが多いので、30℃でも涼しく感じるかもしれませんね。

各気象データの最高・最低の数値もお出しした通り、何かしら期待外れとなる場合はありますので、天気予報を入念にチェックされることをお勧めします。

以上、『7月上旬の北海道20地域を気温・雨量・日照・風・湿度などで完全比較!』でした。

error: Content is protected !!